ご当地キャラぱらだいす ご当地キャライベント グッズパークお知らせ ご当地キャラニュース ご当地キャラリンク ご当地キャラ誕生日 ご当地キャラ用語 LINEリスト フェイスブックリスト ツイッターリスト ご当地キャラ情報メニュー
 
メニュー
 
#ご当地キャラグッズパーク-ログイン


ご当地キャラ用語集
ご当地キャラクターのイベントや書類手配などで、キャラクター業界特有の用語を使用する場合が多々あります。ステージ上での専門用語やイベント主催者からの案内書、イベント当日の事前打合せなどのにも用いられるので把握しておきましょう。
【あ】

【アクター】(あくたー)
着ぐるみを着用してイベント会場の来場者と接し、握手、ハグ、記念撮影等に応じる。イベントでPRステージが組まれている場合、キャラクター紹介に併せた仕草、パフォーマンを演じます。 正式名:スーツアクター

【アテンド】(あてんど)

着ぐるみ(スーツアクター)の進行の動線を確保したり、着ぐるみの中が大変視界が悪いため、目となり足となりキャラクターを安全に所定の場所への誘導したりします。また、キャクターを紹介したり、キャラクター名、出身地、紹介文などを呼掛けるなど役目は多岐にわたる。


【え】

【MC】(えむしー)<ステージ>

キャラクターステージの全行程の司会進行を務める。
ステージ紹介でキャラクターのお付きの方がいない場合は、MCがキャラクターのプロフィールを読み上げる。
キャラクターの見た目や感想など瞬時にアドリブでツッコミを入れたりする。


【エアー着ぐるみ】(えあーきぐるみ)

バッテリーとエアー装置を体に装着し、着ぐるみを風船のように膨らますことによってキャラクターの形が完成するタイプ。常にエアーを送り続けて形を維持するため空気を逃す排出口が設けられている。バッテリーの持久時間は約30分位なので電池消耗のタイミングでキャラの登場時間を考慮しなければならない。


【か】

【活動時間】(かつどうじかん)

着ぐるみの活動時間は約30分位が望ましい。夏場は熱中症などの症状にかかりやすく活動中に体調を悪くするキャラも少なくない


【上手・下手】(かみて・しもて)

観客からステージをみて右が「上手」、左が下手となります。下の写真のように「観客から見て」を基準にして覚えるとよいでしょう。 会話:例)キャラさんは下手で登場登壇上手ではけ(降壇)ます。


 


【く】

【グリーティング】(ぐりーてぃんぐ)

キャラクターとアテンドがセットになってイベント会場を歩き回り、写真撮影や握手に応じる。キャラクターの活動時間は約30分位が限界であり、グリーティング時間も30分単位で1日に数回組まれるケースが多い


【こ】

【公認キャラ】(こうにんきゃら)

地方自治体(県・市町村)より地域をPRするキャラクターと自治体側から認めら得たキャラクター
年間予算で活動できる点がメリット 対義語:非公認キャラ
千葉県:チーバくん、名古屋市:はち丸くん、浜松市:出世大名家康くんなど


【ご当地キャラ】(ごとうちきゃら)

「2013年新語・流行語大賞」にて、「ご当地キャラ」のワードがトップテン入りした。受賞者は熊本のくまモンが受賞を受けた。類義語:ゆるキャラ、マスコットキャラクター


【言葉尻】(ことばじり)

言葉の終わりにキャラクター独自の言い回しを付ける。語尾
・ネコ系キャラ 〜だニャン ・武将系キャラ 〜じゃ(武将言葉) ・くまモン 〜だモン ・ふなっしー 〜だなっしー

 

【し】

【しゃべキャラ】(しゃべきゃら)

しゃべるキャラクター 昔では着ぐるみでしゃべりは禁断とされていたが、最近ではしゃべりも個性と受け取られ、仕草にしゃべりを併せもって動くキャラが増えてきた。
ちっちゃいおっさん、ふなっしーなど


【守秘義務】(しゅひぎむ)

イベント・商品、運営・職務上、知りえた情報を他に漏らしてはならない。
場合によっては訴訟を問題になりうる場合も否めません。団体での共有情報で止めておかなければなりません。


【瞬間移動】(しゅんかんいどう)

イベント当日、同一キャラが複数の会場で活動しなければならない場合にキャラがなす技(言い回し)
類義語:分身の術・加速装置


【す】

【水分補給】(すいぶんほきゅう)

活動した着ぐるみの中の温度上昇が激しく、出て行く汗の水分を補わなければならない。
水分をいち早く吸収するのにスポーツドリンクもしくは冷水が好ましい。


【スーツアクター】(すーつあくたー)

着ぐるみを着用してイベント会場やステージ上でパフォーマンする演者
同義語:アクター 


【スタッフパス】(すたっふぱす)

イベント会場内・ブース物販販売者・着ぐるみ着替え・控え室に入室する際に必要


【な】

【中の人】(なかのひと)

着ぐるみの中に入っている人(スーツアクター) 子供の夢を壊さな壊さないよう禁止用語


【に】

【(一社)日本ご当地キャラクター協会】(にほんごとうちきゃらくたーきょうかい)

全国に存在するキャラクターをネットワーク化し情報の共有・相互の連携を深め、ローカルキャラクターを全国に発信し、街を元気にする目的で協会が設立され。 日本全国に4拠点 ・彦根本部 ・北海道支部 ・埼玉支部 ・岩手支部  リンク:(一社)日本ご当地キャラクター協会


【ひ】

【PA】(ぴーえー)<ステージ>

ステージ横に設営される音響設備(システム)全般を指します。
キャラクターのオリジナルテーマ曲があれば事前に「PAさんにCDを渡しておいてください」と言われるケースがあります。この場合は写真右側の音響技術スタッフさんに渡しておいてください。バックグランドミュージック・MCさん・キャラ説明・しゃべキャラのマイクも全てここでコントロールされています。ステージでのキャラクターの登場や動きを見ながら音だしをするのでステージ近くに設営することが多い。PRステージを盛り上げる重要な役割と言えます。(ステージから少し離れた場所に設営する場合もあります)


       

【控え室】(ひかえしつ)

着ぐるみの着替えやキャラクター団体様の休憩場所となります。
キャラクターを登場させる際に控え室の中が見えないように常時、人を配置させる場合がある。 禁止事項:関係者以外の入室(スタッフパス必ず付けること)、控え室の中の写真撮影は絶対NG
子供の入室もNG


【非公認キャラ】(ひこうにんきゃら)

自治体から公認されてないキャラクター 対義語:公認キャラ
支援がほとんどなく、自腹やグッズ販売、謝礼、出演料などの資金で活動をしているキャラクター。
ふなっしーや、ちっちゃいおっさんなどが代表的


【ふ】

【ファブ】・する(ふぁぶする)

着ぐるみに使用後は必ず除菌クリーナーを散布します。
着ぐるみ使用後は汗やニオイがしみ込んでいるので、キャラ団体さんは除菌・消臭できるファブリーズを好んで利用しています。


【分身の術】(ぶんしんのじゅつ)

イベント当日、同一キャラが複数の会場で活動しなければならない場合にキャラがなす技(言い回し)
類義語:加速装置・瞬間移動


【ま】

【前のり】(まえのり)

イベント開催前日に会場近くで宿泊すること
イベント開催地が遠方の場合、当日の開始時間に間に合わない場合先に現地に近い所で宿泊しておく


【も】

【モフモフ】(もふもふ)

柔らかい毛のふかふか、ふわふわ、ふさふさ、もこもこ感を表した様子。
キャラへの握手やハグのことをモフモフしたいと言い換えることがある。


【ゆ】

【ゆるキャラ】(ゆるきゃら)

ゆるキャラ®という文字は、みうらじゅん氏の著作物であるとともに扶桑社、 及びみうらじゅん氏の所有する商標です。
利用するには管理会社への許諾が必要
類義語:ご当地キャラクター、マスコットキャラクター

 


ゆるキャラ®という文字は、みうらじゅん氏の著作物であるとともに扶桑社、 及びみうらじゅん氏の所有する商標です。
Copyright (C) ご当地キャラぱらだいす gotouchi-chara.com. All rights reserved.